個人向け国債は郵便局で!

■万が一の国家破産対策もしておきませんか?
あなたも日本に居ながら海外口座を開設を!

>>英語が話せなくても香港での口座開設が可能

個人向け国債のムーディーズ格付け変更

個人向け国債は郵便局でやろうTOP> 個人向け国債のムーディーズ格付け

10月11日付けにてアメリカのムーディーズの格付けにおいて、日本国債の格付けが引き上げられました。

今回の格付けの変更により、A1に日本国国債は変更になりました。
(今まではA2であり、ボツワナやチリなどと同じレベルの格付けでした)


これは、日本の銀行や郵便局、証券会社などに取っても、政府・国民も嬉しいニュースだと思います。

この格上げにより、海外の投資家も日本国の国債に少しでも興味を持ってもらえれば、
国債需要が高まり、日本の予算としても少しは組みやすくなると思います。



しかしながら、格付けの引き上げ理由が、現在の福田政権の予算縮減など、
政府方針によるものだという事は見逃せない所です。

つまり、欧米など海外は、福田政権がこのまま歳出削減の動きを取ると言う事を見越しているからです。
福田政権が、現状のままでしたらある程度このままの推移で動くのでしょうが、
小沢民主党になると、今後、政治の行方は見えないですしね。

私の希望としては、やはり、財政再建として、緊縮財政をこのまま敷いて貰いたい物です。



来年度から、小渕内閣時に発行した個人向け国債の償還が始まろうとしています。
今回の格上げによって、もう一度投資家が、個人向け国債を投資対象として購入するかどうか、
海外の投資家がどのような反応を見せるかなど、今後の注目が集まりそうです。

秋の個人向け国債ももうすぐ発売、販売され、12月の冬の個人向け国債も予約まであとわずか。
今後の推移に注目です。


コーチングで学ぶ、あなたの人生を変える成功投資法!

前の記事: 郵便局における個人向け国債の販売について